IKEAのデスクチェアのキャスターを回りやすいように改造

IKEAの椅子

IKEAのキャスター付きチェアは座らないと動かない

先日IKEA実店舗でキャスター付きのデスクチェアを購入しました。

子どもの勉強机用の椅子を探していたところ、イケアで、値段も安く、座り心地も良いデスクチェアを見つけたので購入しました。

ところが組み立てて数日使用して(今さら)キャスターが回らないことに気づきました。

不良品かと思って調べたところ、IKEAの椅子のキャスターは座らないと回らないロックが付いている事が判明。

でもうちの子供の体重じゃ座ってもロックが外れないみたい。
いや、それどころか私が座っても完全にはロック解除されない。あたりが悪かったのか?

  • IKEAの椅子のキャスターは座らないと回らない(全部じゃないかも)
  • 体重が軽いと座っても回らない可能性有り

そもそも、座らないと動かないって普通逆のような気がするけど・・・
座りたいところまでコロコロ移動して、座ったら動かない、だったらまだわかる気がするが。
動かないと思って椅子の上に立ち上がったらロック解除されて、動いて転ぶ、とか目に浮かぶ。

でもまあそういう仕様なら仕方がないのですが、不便なのでロック部分を取り除くことにしました。

IKEAの椅子は座らないと回らないロックがついている

ロックはキャスターの奥に、内側からキャスターを押さえつけるようについています。
ドラムブレーキのような感じです。
1個のキャスターには2個タイヤが付いていますが、そのタイヤそれぞれ1個ずつにブレーキパッドが付いています。

私は細身のカッターナイフを使って、この部分を切断しました。
上の写真の状態で外側からカッターの刃を長く伸ばして切りました。
力はそれほどいりません。

ただここまで書いておいて何ですが、ちょっと危ないのでお勧めはしません。止めたほうが良いです。
私は4個分切り取るのに、カッターの刃を2本折りました。

IKEAの椅子のキャスターのロック解除

切り取ったロック部分です。

むしろ座ると動かない、のほうが良いのでは・・・

ちなみにこの座ると動くロック機構は、感圧式ロック機能と言うらしいです。

IKEAのチェアを扱っているショップで簡単な説明が有りました。

逆に座るとロックがかかって動かない椅子も有るようです。

この座ると動かないロック機構は、ウェイトロック機構というらしいです。

タイトルとURLをコピーしました